整形と言うと一昔前までは大がかりな手術でしたが、最近では「プチ整形」とう言葉に象徴されるようにそのハードルが随分下がりました。技術が進歩し身体や顔にメスを入れなくても治療できるようになったものもありますが、その後のケア次第では整形したことが明らかになってしまう可能性もあります。
手術後は、手術を受けた箇所が元の日常生活に戻れるようになるまで痛みが出たり腫れたりすることがあります。このように腫れの症状が出た場合は氷などで炎症を起こさないように冷やすようにします。ただし冷やしすぎは肌への負担がかかりますので、氷嚢などに氷を入れ、更にタオルなどでワンクッションおいて冷やすようにすると効果的です。またシミなどのレーザー治療を受けた後は紫外線に当たらないようにするなどの注意も必要です。いずれにしても肌には負担がかかっているので、その後のケアについては主治医の指示を仰ぐようにするのがベストです。
腫れが引くにつれて施術を受けた後が安定し、次第に美しく整っていきます。しかしホームケアを怠ってしまうと、メイクを思うように楽しめなくなってしまう可能性すらあり得ます。主治医とダウンタイムの確認をとり、肌に負担をかけないように過ごすことが大切なのです。