鼻の整形手術でメジャーな方法はシリコン製のインプラントを入れるものです。この方法はプロテーゼというインプラントを鼻の中に通し、鼻の形を整えます。一般的に整形手術後には、手術などの影響によって、赤みが出たり、患部が腫れたり、むくんだり、その他傷みなどが出てきます。これらの腫れや痛みから回復し、通常の日常生活を取り戻すための回復期間のことをダウンタイムといいます。この期間は内面・外見ともに安定しない時期なので、整形手術をする場合にはこの期間をうまく過ごす方法に頭を悩ませる方も多いです。また、プロテーゼによる鼻の整形手術はスキントーンテープというギプスのようなものを鼻に装着して固定しますので、職場や友人に見られてしまうことを気にする方も多く、この対処方法についても考える必要があります。
もっとも無難にやり過ごせる方法はやはり、夏季休暇や年末年始などの長期休暇に手術日程を合わせる方法です。この方法だと誰にも合わないことが可能ですので、患部もテープを見られることもありませんし、なにより安静にしていられるので、安全な方法です。長期休暇が取れないというような方は、マスクを使用する方法が考えられます。現代ではマスクをつけている人は特に目立ちませんし、鼻の赤みや腫れを見られるおそれもありません。テープですが、鼻頭にしますので、小さめのものだとはみ出てしまうことがありますので、大き目のものをドラックストアなどで探すと良いです。