エラが張ったように見えるアゴ、一番気にしているのは本人です。
周りから見て確かにアゴが張っていると目立ちますし、写真を写したら一生残ります。
美容整形外科でアゴ削りをすれば輪郭がスッキリしますが、今までの自分のアゴが削れたと周りの人にばれてしまうのも避けたいものです。
そこで、メイクポイントを学び削ったアゴをわからないようにするテクニックを身につけるのです。
逆三角形を意識したハイライトやシェーディングとファンデを使用していきます。
Tゾーンとアゴにハイライトを顔回りとエラの部分にはシェーディングしていきます。
特にエラの方には少し暗めの色を合わせます。
メイクはエラに合わせたチークを入れるとスッキリするといいます。
自分でネットを使って調べることもできますし、メイクの達人に依頼して化粧をしてもらいどんな感じか知るといいでしょう。
慣れてくれば自分でメイクすることも簡単に行えるようになります。
また、メイクと合わせて髪型も効果があるようです。
髪型でかなり隠すことと目立たなくすることをしていけるのです。
最重要なのは、長さではなく前髪です。
おでこに三角の肌色を出すようにして前髪を横へ持っていきます。
この時に、出し過ぎてもダメですし、前髪で隠しすぎてもダメです。